市進学院 VS 他塾  > 自ら考える力を問う

自ら考える力を問う

2009.7.1の産経新聞に市進学院教育本部小学本部長の守屋厚志さんが「自ら考える力を問う」と題して書いておられます。


中学受験の準備はいつごろから始めればいいのでしょうか? 

小6からではさすがに遅すぎるとして、小4か小3か。塾によっては小1から準備が必要というところもあります。

塾としては、早く塾生を確保したいという気持ちもあるのでしょう。しかし、受験の準備に4年も5年もかけなくてはいけないというのは、あまりにもおかしいと思います。

実際、中学受験に対応するカリキュラムは小5からで十分組めますし、学習の興味付けや習慣付けなど、準備段階を考えても小4からのスタートで十分です。

準備開始が早過ぎるデメリットについては前回書きましたが、低学年の学習は「受験勉強のため」よりも、脳の間口を広げるため。能力を育てるためと位置付ける方が、その後の子供の成長には役立つと思われます。

例えば、市進では小1から小3までは「かがくであそぼう」と題し、あえて「勉強」の言葉を外して知的好奇心をくすぐる工夫をしています。いつもは見過ごしている身の回りの不思議に気付かせ、それを解明していく課程で「探求する喜び」を、そして、受け身でなく「自ら行う楽しさ」を経験させていきます。集団教育の場としての小3からの授業でも「なぜ?」を大切にし、常に「考える力」の養成に力を入れます。

中学入試というと、難度の高さや必要な知識量の多さから、とかく暗記に走ってしまい、算数でもパターン演習になりがち。これでは過去に解いた問題には対応できても、初めて見る問題には手も足も出ません。

子供の本当の学習能力を引き出すには、旅人算、つるかめ算、そして差集め算ならこのように解くと、特殊算一つ一つの解法を覚えさせるだけではダメです。例えば、問題文を読んだときに「なぜ結果としてこのような差が生じたのだろう」と考え、その理由を追い求めることにより、解答を導き出す。つまり「自ら考える力」を養成することこそが大切なのです。

最近の入試問題を見ても、過去に頻出のいわゆるパターン問題より、入試の場で考えさせ、自らの思考で解答を導いていくことを狙った出題が増えています。中学側としても、単に入学者を確保するだけでなく、入学した後どれだけ学力が伸びる子かどうかを見極めたいわけです。このために思考力を問う方向に移ってきているのでしょう。 (市進学院教育本部小学本部長 守屋厚志)


「中学受験の塾疲れが心配です」という相談への回答

「算数の応用問題が苦手です」という方の解決法

市進学院 VS 他塾メニュー一覧
市進学院とは?
 市進ホールディングスの2013年2月期の会社概況  授業料の目安  市進学院の現在の経営状況  市進学院とは?  
市進学院の月謝
 市進学院「中学受験科」の月謝及び諸費用  
市進学院の特徴
 市進学院のめんどうみ合格主義とは?  市進ウイングネット  市進予備校中学部   市進学院プレップコース中学部とは?  市進学院 中学部「高校受験総合科」  市進の家庭教師「市進チューターバンク」  市進個別指導「個太郎塾」の学習システム  
講習会
 開成高校対策講座   2010市進学院の夏期講習  市進学院の小学部春期講習  平成21年【中学生】冬期講習会  平成21年【小学生】冬期講習会  2007市進学院の中学部冬期講習  
市進学院の教室
 2010市進学院の設置教室   市進学院の教室  個別指導の個太郎塾の教室  
市進学院の合格実績
 2011年度中学入試 【女子校】合格実績  2011年度中学入試 【男子校】合格実績  2011年度中学入試 【共学校】合格実績  2011年度高校入試 市進学院【東京・神奈川】合格実績  2011高校入試 千葉・埼玉・茨城【公立高校】合格実績  2011年度高校入試 市進学院【国私立高校】合格実績  2010高校入試 千葉・埼玉・茨城【公立高校】合格実績  2010中学入試 【女子校】合格実績  2010中学入試 【男子校】合格実績  2010中学入試 【共学校】合格実績  
市進学院ニュース
 市進ホールディングスの2013年2月期の会社概況  大学の合格実績を水増し表示で消費者庁から措置命令  市進、学研と提携へ  顧客満足度(CS)ランキング第10位  新型インフルエンザの対応について  市進、持株会社制への移行  市進予備校でZ会の授業を展開  自ら考える力を問う  市進小学本部長の守屋厚志さんの「中学入試」について  市進、進学会と提携  
市進学院の本
 2011入試用 最新中学受験ガイド  2010高校受験ガイド  市進出版の本  
VS城南進学研究社
 城南進学研究社とは?